カテゴリー
未分類

モットンの枕の効果って?口コミや評判関係なく寝具のプロが解説

モットンジャパンでは、日本人の体型に合わせて作られたマットレスが有名ですが、マットレスだけではなく、肩こり・首こり対策の枕も開発、販売しています。

この枕も日本人の体型に合わせて設計されたもので、91.4%の人が満足しているという人気の枕。

介護、仕事、子育てなど様々な理由で肩こり、首こりに悩んでいる人は多いですよね。

腰痛と一緒で、肩こりを改善するために大切なのは、筋肉をしっかり休息させる睡眠にあります。

そして筋肉を休ませるためにも、自然な寝返りを打つことがポイント。

モットンの枕にはどんな特徴があり、どんな効果があるのか、また購入方法、価格、口コミなど、詳しく調査しましたので紹介します。

モットンの枕の特徴

モットンの枕は2019年の3月にリニューアルしました。

それまでは「めりーさんの高反発枕」という名前で販売されていましたが、改良した名前は「高反発枕 モットン」。

もちろん、名前だけではなく商品もさらに使いやすく改良されています。

高反発枕モットンについて、商品の特徴を紹介します。

50通りの調整が可能な枕

枕選びは、頚椎の高さと首の角度にあった高さの枕を選ぶのが本当に大変。

人によって、首の長さ、体型が違うのはもちろんですが、ベッドや敷布団など枕を置く環境が違うと高さも変わります。

最適な枕の高さのためには、枕を実際の寝る環境で合わせて微調整をするのが一番。

モットンの枕は、頚椎にあたる部分が3~11cmまで調整が可能なのが特徴。

実際に使用する布団やマットレスの上で高さの調整を行うことで、自分にジャストな高さに調整できます。

枕の調整の仕方

モットンの枕は前後で枕の形が違い高さを変えられます。

高いほうでは6-11cm、低い方では3-8cmと高さが違うので、自分にあった方向で使うことができるのです。

また、高さ調整シートは約1cmのシートが4枚、さらにハーフサイズの調整シートが2枚付属しています。

前後で高さが違うほかにも、1cm単位で調整できるので、どんな人でもフィットする高さが可能。

また、体調や気分によっても枕の高さを替えることが出来ます。

この高さ調整シートと前後の高さが違うことで50通りの調整が可能となりました。

モットンの公式ページでは、調整の仕方が具体的に動画で紹介されていますので、参考にしてください。

「かため」「やわらかめ」の2バリエーション

モットンの枕は、高さが調整できるだけではなく、かため、柔らかめ、と硬さのバリエーションも2種類から選択できます。

好みによって選ぶことができるのが嬉しいですね。

反発力の高さ

モットンのマットレスも反発力が高くて、自然な寝返りを打つのに最適なマットレスでしたが、枕も寝返りに関係があります。

筋力が低い高齢者や女性でも寝返りが撃ちやすいように、反発力にこだわった枕です。

不要な寝返りが増えると、睡眠の質が悪くなり熟睡できない時もありますし、寝返りが少なすぎても、体に負担がかかります。

寝返りの回数が自然な回数で、一番肩や首に負担をかけないのがモットンの枕の反発力。

モットンが30代~50代の男女に調査した結果では、寝返りの回数も最適な回数なだけではなく、起きた時に一番肩が軽く感じたのも、モットンの枕という結果がでています。

体圧分散に優れた枕

モットンの枕はウレタンフォームで出来ています。

マットレスでも使われていますが、このウレタンフォームは体圧分散に優れたメリットがあります。

体圧分散の枕の場合、頭と首をしっかりと支えて、筋肉を寝ている間に休ませます。

一箇所に圧力が集中せずに全体で支えますので、首への負担が軽減され、首こり、肩こりを軽くしてくれるメリットがあるのです。

優れた耐久性

枕も長く使えばへたりがでてきます。

特にウレタンフォームは反発力が弱まると、重さがかかる部分がへこんで戻らなくなる場合があり、そうなると、寝ているときに首に負担がかかります。

モットンの枕は8万回の耐久試験にも耐えている優れた耐久性を誇る枕。

へたりは11年間使用したとしてもたったの0.04%とほぼないといってもいいでしょう。

他の羽毛枕、低反発ウレタン、パイプ枕などと比べると、3倍の耐久性があるのがモットンの枕です。

長い期間使えて、へたりもなく、高さが調整できるので、ずっと使うことができますね。

通気性が良くて快適

寝ているときに頭に汗をかくことが多く、枕の通気性は快適な睡眠のためにも大切。

ウレタン素材は通気性が悪く、熱がこもりやすいといわれていますがモットンの枕の特徴は通気性がいいことです。

夏でも湿気を貯めることなく高い通気性を実現。

これは、ウレタン素材の発砲の穴の大きさを調整することで可能となりました。

枕の通気性は上から下へと空気を通して、空気が流れやすい状況にします。

寝汗もたまらず、蒸れにくい素材は耐久性が高いのも納得。

快適な睡眠をとることが可能です。

衛生的な枕

寝具のトラブルで一番にあげられるのがダニやホコリのアレルギーの原因。

布団やマットレスも気をつけなければいけないですが、枕にもダニやホコリは出やすいです。

モットンのマットレスのウレタン素材は皮膚につけてかぶれが発生するかどうかの試験を、第三期感が行っていますが、パッチテストの結果安全品の判定が出ました

ウレタンは、他の木綿や羊毛の素材と違って、ダニの発生がほとんどない素材、そしてホコリもほとんどでない素材なので安心して使うことができますね。

臭いが気になるのではないかという心配も安心。

炭の脱臭剤を運送時に使うことで臭いがほとんど気にならなくなりました。

皮膚が弱い子供やお年寄りまで、安心して使うことができる枕です。

90日間返金保証キャンペーン

ネット通販で寝具を購入するのは怖いという方のためにも、モットンの枕には90日間返金保証キャンペーンを実施しています。

「試しに使ってみたい」「自分に合うかどうか不安」という肩のために安心なキャンペーン。

90日間使用した上で、満足できない場合は返品する子tが出来ます。

寝具はしばらく寝てみなければ効果を実感できません。

特にモットンの高反発枕は、効果を実感できるまでに時間がかかる場合があります。

それは人によって違いますし、長い人の場合は効果を実感するまでに3ヶ月近くかかる場合もあります。

そのためも90日という期間をもうけていて、90日以前には返品することは出来ないのです。

90日経過した後に保障期間が14日あるのでこの14日間返品が可能な期間になります。

具体的な返品方法は、公式ページに詳しく書かれていますが、「本体・カバー・保証書」を指定倉庫まで送付。

30日以内に指定された口座に商品代金が返金されます。

また、180日間のメールサポートも付いているので、何かあったときにはメールで問い合わせも可能。

通販で購入するのは怖いという方にも安心して利用ができますね。

安心の交換サービス

モットンの枕は「やわかめ」と「かため」から選んで購入できますが、実際寝てみたらやわらかすぎた、硬すぎたと感じる方もいます。

人の感じ方は色々なので、実際に使用してみないとわからないものですし、最初はやわらかいのがいいと思っても、やわらかすぎると首がいたいと感じる方もおいですね。

この選んだ硬さがもしあわなくても、モットンでは安心のこー間サービスを行っていますので安心。

返金保証内の交換ならば、配送料2,200円のみで1回だけ交換が可能。

交換の流れを紹介します。

①使用してみて硬さがあわないと感じる場合、交換します。

②公式ページの専用フォームから連絡

③配送料の2,160円を支払います。

④支払いが確認されたら交換品が先に届きます。

⑤新しい商品を確認して、合わない枕は後日着払いで返送してください。

注意する点は、一度枕を交換すると返金保障期間内であっても、返金保障の対象外となります。

モットンの枕の価格

モットンの枕は公式ページで購入するのがお勧め。

気になる価格を紹介します。

・1個単品(返金保証つき)17,800円(税込)

・2個セット(返金保証つき)30,600円(税込)

送料無料、大分きて数量無料

高さ調整シート約1cm×4枚+高さ調整シートハーフサイズ約1cm×2枚

やわらかめ、かための2津の硬さから選択可能

枕に1万円以上かけるのは高いと感じる人がいるかもしれませんが、本当に自分にフィットした枕と考えた場合は、それは決して高くは感じなくなるでしょう。

自分だけのためにつくるオーダー枕の中には60,000円という価格の枕もあります。

ただし、枕は枕を置く布団やマットレスの固さでも変わりますし、気分によっても心地よい枕の高さは変わります。

それを考えると1cm単位で微調整できる、モットンの枕は、高さを変えられないオーダーメイドの枕よりも使いやすいと感じます。

それでこの価格はとてもお手ごろ価格といえるでしょう。

公式ページで限定数の価格なので、迷っている方も早めに購入がお勧めです。

モットンの枕のお手入れ方法

モットンの枕のお手入れ方法を紹介します。

モットンの枕は基本的に水洗いすることが出来ません。

枕カバーはこまめに洗って、清潔に保ってください。

定期的に風通しの良い場所で陰干しするのがおすすめ。

ダニやホコリはほとんど発生しませんが、湿気を飛ばして長持ちします。

天日干しは素材が痛む可能性がありますので、必ず陰干ししてください。

モットンの枕の口コミ

枕が合わなくて起きた時に、首や肩がいたくて筋肉が固まっているのを日々感じていました。

もっと快適に眠れないと、今に大変なことになるのではないかと思い、自分にあった枕を購入しようと決心。

枕を変えただけで寝心地が全然違うし、熟睡できるようになったという友人に紹介してもらったのが、モットンの高反発枕でした。

自分でもネットで調べましたが、オーダーメイドで自分だけの枕を作ると5万円以上はかかります。

さすがにそこまで枕にかけるわけにはいかないですが、安い枕だとまた同じ思いをしそう。

モットンの枕は、高さを調整できて50通りの高さに変更が可能なこと。

そしてやわらかさも2種類から選ぶことができると、合わせる幅が広いので、モットンに決定。

よく考えてみると、オーダーメイドで枕を作ったとしても、その日の体調や気分によって心地の良い枕の高さというのは変わります。

また、枕を敷くマットレスの硬さによっても、快適な枕の高さは変わると思うんです。

オーダーメイドの枕だと、確かに自分にはあっていると思いますが、調整が出来ないのがデメリット。

1cm単位で細かい高さの調整が出来るモットンは、これからずっと使うと考えたら使い勝手がいいと思うのです。

私は、くびや方の為に、やわらかすぎない枕がいいと思い、「かため」を選択。

注文はネットで行いましたが、送料が無料で、払い込み方法も色々選択肢があるのでいいですね。

注文したらすぐに枕が届けられました。

一番心配だったのが、ウレタンの臭いと通気性ですが、臭いは気になるほどしませんでしたし、過ごし風通しの良いところにおいておいたら、夜には全く無臭になりました。

通気性は、夏ですが蒸れることなく快適に眠ることが出来ます。

枕は向きで高さが大きく違います。

まずはは向きを選んで、そこから低かったら1枚ずつ調整シートを入れて、高さを調整。

私は1枚入れたところで首に沿うようにジャストフィットしたので、これで大丈夫と実感。

硬さもかためを選んで正解で、とても快適に頭をおくことができ、寝返りも楽に出来ます。

高反発枕は、頭を持ち上げてくれる感覚で、沈み込み過ぎないので肩も首も楽ですね。

私は、マットレスも高反発マットレスを使っているので、体から頭までしっかりと支えられているような感覚になりました。

1日目で朝起きた時に、首や肩の軽さを感じ、熟睡できたのを実感。

こんなに朝スッキリ起きられたのは、何年ぶりかと思うくらいです。

もう少し高くしたいなぁという時はハーフサイズのシートを一枚入れるといい感じになって、調整が本当に細かく出来ます。

これからずっと使っていける枕を購入したと満足しています。

 

モットンは高反発マットレスを使用しているので、品質の高さは安心していました。

腰痛も楽になってきたのですが、首こり、肩こりがまだ楽にならないのは、やっぱり枕の影響かなぁと考え始め、モットンの高反発枕を購入。

モットンのマットレスを使っているので、やっぱり枕もモットンの枕が相性いいのではないかと思ったのです。

高反発の反発力は体を押し上げてくれて、腰に負担がかかりません。

同じく枕も首や方に負担がかからないように、様々な工夫がされています。

寝ているときに首や肩に負担をかけないようにするには、枕の高さがポイント。

枕が高すぎてもダメですし、低すぎてもダメ、そしてやわらかさも考えなければいけません。

私は、枕が高いほうがすきなのですが、高すぎると首に負担がかかるのを感じました。

枕の高さは、敷いているマットレスによっても感覚が変わりますし、実際に寝てみて少しずつ調整できるのがベスト。

その点、モットンは1cm単位で調整が出来て、調整するシートは、枕のサイズとハーフサイズのサイズ違いも用意されています。

自分が楽な高さに細かく調整することが出来るのです。

私も調整には時間をかけてやりました。

寝ながら、枕のシートを1枚入れたり抜いたり、ハーフを入れたり、様々なパターンを試してみました。

せっかく購入したので、本当に自分だけの、自分にあった枕を作りたかったのです。

納得いく高さにすると、枕が首の頚椎をしっかり支えてくれて、負担がかかるのを分散してくれるのを感じます。

反発力があって、体圧分散にも優れているモットンの素材だからできることですよね。

首が楽になると、連動して腰も楽になる感じが大発見。

やっぱり体全体を支えてくれる感じがいいですね。

枕は、反発力があるのでやわらかめにしました。

これが実は私の好みに合っていて大正解、硬すぎる枕は疲れるので適度にやわらかくて包み込んでくれる感じ、でも沈み込みすぎない感じが気持ちよくて満足しています。

色々な枕がありますし、オーダーメイドの枕もありますが、私は実際に寝てみて自分で高さを調整することが出来るモットンの枕の方が実用的だと思います。

今までなかなか眠れない、寝てもすぐにおきてしまう、朝は熟睡できていないのでスッキリ起きることができないと辛いことも多かったのですが、枕を変えてからは熟睡できるようになりました。

寝具選びは本当に大切で、特に枕を自分にあった高さに調整する大切さを実感。

よく眠れない、寝つきが悪いという悩みのかたも、枕を替えることで解決するかもしれません。

モットンの枕は、色々な人にあう、高さの調整が可能なのでおすすめできます。

事務職で一日中パソコンに向かう仕事を行っていますが、首こり、肩こりが半端じゃありません。

寝ても筋肉が固まって張っているのがわかり、1週間に一度はメンテナンスの為に整体にいっていますが、お金もバカにならないですよね。

そんなときに、CMで寝具を交換することで腰痛や肩こりが改善すると見て、私も新ためて自分の寝具環境を見直すことにしました。

ベッドのマットレスもへたっていて、反発力がなく沈みコミが大きかったので交換。

枕は低反発の枕が気持ちいいと使用していましたが、これが首こり、肩こりをひどくしていると思い、モットンの高反発マットレスを購入。

低反発の枕やマットレスは、体を包み込んでくれて、気持ちがいいのですが、その分寝返りがしづらくて、夜中に何回もおきてしまいます。

そして通気性も良くないので、夏は汗びっしょり。

これでは熟睡も出来ないですし、体にも良くないですよね。

高反発のマットレスと、枕に変えてしばらくは、全く寝心地が違うので戸惑いました。

1週間して、起きた時の筋肉の張り具合が変わったのを感じます。

肩こり、首こり、腰痛が軽減。

朝起きた時に筋肉に張りがないので、すっと起きることができますし、なんだか気持ちがいいですね。

最初は、通販で寝具を購入するのは迷いがあり、不安がありました。

やすい買い物ではないですし、実際にものを見てさわり心地を見て購入したいと思っていたから。

でも、モットンの通販は、硬さがあわなかった場合は交換が可能ですし、90日間使用して返金保障が付いているので、安心して購入することが出来ました。

硬さも大丈夫でしたし、返金する必要がなく、今でも大事に使用しています。

私はスマホで眠りの官吏をしているのですが、マットレスと枕を変えてからは、熟睡度が高く時間も最適、眠りの質が良くなったようです。

熟睡ができると、昼間に眠くなることがなく、仕事の活力を持って行うことができますね。

最初は枕に1万円以上もかけるなんて贅沢だなぁと思いましたが、この結果にコスパのよさを感じています。

 

枕を自分にあったものにしたくて、モットンの高反発枕を購入。

以前から興味があったのですが、1万円を超えるので、自分にあわなかったときのことを考えると怖くて購入することが出来ませんでした。

毎日肩こり、首コリと悩むようになって、これは枕を替えることで改善できるなら安いと思い購入。

もし合わなくても、90日間待てば返金してもらえるし、硬さがあわないときは交換してもらえるので、大丈夫と思い購入しました。

モットンの枕に最初に寝てみて、高反発の反発力にびっくり。

今までは羽毛の柔らかくて沈み込む枕を使用していたので、最初は慣れなかったですね。

ただ反発力が高いと、首をしっかり支えてくれて、寝返りもとても楽ですね。

首や肩に負担がかからないのがよくわかります。

2~3日で反発力にもなれて、今では、前の枕を使用するとすごい違和感があります。

モットンの枕は、枕の高さを細かく微調整することも可能で、わたしもしばらくしてから、シートを2枚入れて高くしました。

枕は、高すぎても低すぎても寝心地が変わるといいますが、私は好みの問題も大きいと思います。

高すぎるとダメなのはわかりますが、私は高い枕が好み。

首や肩に負担がかからないくらいの高さで、低すぎない高さに調整しました。

今までこんなに自分にフィットした枕はないですし、寝心地も理想どおりで、一度も夜中に目覚めることがなく朝もスッキリとおきられるようになりました。

枕を替えるだけで、これだけ寝心地が変わるのですね。

もっと早く、モットンの高反発枕に変えていればよかったです。

まとめ

モットンの高反発枕の特徴、高さの変え方、メリット、アフターサービスや価格、口コミなど、詳しく説明しました。

モットンの枕は、他の枕と違い50通りの高さを替えることができ、より自分にあった枕を作ることが出来るのがわかりましたね。

人によってフィットする枕の高さは違いますし、敷布団のやわらかさによっても変わります。

高さを調整できることで、首こり、肩こりを軽減することが出来るので、悩んでいる方におすすめ。

また、やわらかさも2種類から選ぶことができるので、オーダーメイドのような枕が可能ですね。

モットンの高反発枕の購入や詳細は、公式サイトをぜひご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です